ちょっとした留意事項とかお知らせとか。

・ 当ブログへのリンク・コメント大歓迎。リンクを希望される方はコメ欄でご連絡を。
・ その他、画像の無断転載を禁じます。

●リンク追加●
4/11 「もうひとつのParaiso(鈴木霞丸さま)」を追加しました。
アクセスは右手にあるリンクよりどうぞ。

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2008/05/01 マックスコーヒー吹いた
  3. 2008/04/26 明日想いを叶えよう
  4. 2008/04/23 ふおおおおっ!?
  5. 2008/04/22 幽玄な現実となる
  6. 2008/04/17 En effet?
  7. 2008/04/15 書架の片隅
  8. 2008/04/14 しまながし
  9. 2008/04/13 QUID EST NOMEN TUUM?
←NEXT PREV→

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マックスコーヒー吹いた

何これwwww何でこんなに親和性が高いんだよwwww


明日想いを叶えよう

何だかんだで史学入門の授業が一番楽しい(挨拶)

いや、月曜日は中国古代の知識人に迫ってみたり、水曜日と木曜日はチャイ語で戯れてたり、金曜日は中国古代史や日本古代史と触れ合ってますが(ry

でも日本古代史は全然分かんないorz(綾繁は日本史B未履修かつ日本史Aはペリー来航前後からなので古代史は高校受験レベルに毛が生えた程度)

いーんだいーんだこうなりゃ何とかするし(ry
どうせ日本史もアジア史もヨーロッパ史も等しく完璧にしないといけないんだし(ry


もう大学の履修締切は終わっちゃったんで早けりゃ10月、遅くても2年になってからそれまでの中学社会(地歴)と高校地歴に加えて高校公民の免許も取れるように勉強します(´・ω・`)
まあ高校の時の先生でうちの大学のOBの先生が居たんで話を聞いた時に勧められたんですけど。

政治経済に倫理に現代社会か……決して苦手じゃないしむしろ得意っちゃ得意だけど……はぁ(遠い目)

ふおおおおっ!?





大学の生協で発見。


ちょwwwwww何コレwwwwwwww


マックスジョージアの500mlとかwwwwwヌルくなる前に飲まないと絶対飲めねぇwwwwwww

しかものあらん先輩によると結構レアものらしいし…何で生協にあるんだ(ry

ちなみにウィキペディア先生によると、

原料のうち乳成分に多量の練乳を使用しており、コーラとほぼ同量の糖分を含んでいる。製品100gあたりの糖質は9.8g(ペットボトル仕様の「マックスコーヒーX」は10.1g)で、ジョージアオリジナル(同7.7g)と比べて約1.3倍の量に相当し、味が甘いことで知られる「UCCオリジナル(ミルク&コーヒー)」や「ポッカMコーヒー」、果てはジョージアシリーズで商品化されている「カフェオレ」(糖質はUCCオリジナル同様8.3g)をも凌ぐ。このため、他の缶コーヒーと比べると非常に甘みが濃厚で、カフェ・オ・レにも近い味がするのが特徴。



いやいやいやいや(ry
1/10以上が糖分で出来てるってどんな狂気の沙汰ですか(ry

幽玄な現実となる

あ、結局「Roman」は買っちゃいましたw(`・ω・´)

早くも次巻が楽しみなんですがwwwww賢者が!賢者が居るよ!!ww(ry



続きはじまんぐつながりでちょっと胡散臭くなります。要注意。

En effet?

買うべきか⇔買わざるべきか... それが最大の...謂わば問題だ... (挨拶)


という訳で、明日は「Roman」の1巻の発売日なんですが。
どーしようかな…帰りに池袋にでも寄ってみようかな…ww

書架の片隅

気になってた大学の図書館初利用ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

けど三国志集解ないってどーいうことですか(´・ω・`)
いや、後漢書集解あるから郡国志の集解で刺史とかの一覧を見ることは出来そうですがw

やっぱ神保町に探しに行ってこようかなぁ……7000円くらい用意すれば多分買えるだろうし。


まあ結局、今日図書館で借りてきたのは後漢紀と後西遊記ですw
後漢紀は編年体ですから時系列で見るのにはオススメ。後西遊記は完全にネタ。…その調子で反封神榜とかもありゃよかったのに(ry

しまながし

大学の先生に本を薦められたので読んでみた(`・ω・´)

流刑の神々,精霊物語 (岩波文庫 赤 418-6)

「読んでみるといい」と言われたのは「流刑の神々」の方なんですが。

訳が結構上手いのですんなりと読めてとても読みやすかったです。
内容はギリシャ神話の神々がキリスト教の浸透によって、単に「異教の神」という立場ではなく「悪魔」として扱われ、神々が料理人や牧童、船頭などに姿を変えて細々とくらしていくことになってしまった…というお話。たとえばユピテル神は北欧の絶海の孤島でボロボロの衣服を身にまとい、兎猟や山羊の乳を飲みながらかつての栄光を懐かしむ…という感じに描写されています。

このお話は単に散文としても面白いのですが、日本の民俗学の発展にも寄与したようです。
かの柳田国男や折口信夫がこの本を読んで非常な感銘を受けたとか。





うーん…うまい感想文が書けないもんですね。まあこの紹介で少しでも興味を持って下さった方は是非一読することをお勧めします。

QUID EST NOMEN TUUM?

第475回「あなたのお名前の由来はなんですか?」


そーいえばこっちの由来に関しては話してない気もしないでもない(曖昧)

えー、今私が名乗ってるHN「綾繁」は主にブログとmixiで使ってますw
旧HN「悠悠蒼天」は借りてるサーバとかシステム系でまだ使ってますがww

んで、「綾繁」の由来ですが。
高2のNコンのテレドラに出た時の私の役名が「綾繁教頭」だったのでそこからのお付き合いですw
語源はそのまんまですが「怪しげ」の当て字です。アクセントは「や」に付けてくださいwww「げ」じゃありませんwwww

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。