ちょっとした留意事項とかお知らせとか。

・ 当ブログへのリンク・コメント大歓迎。リンクを希望される方はコメ欄でご連絡を。
・ その他、画像の無断転載を禁じます。

●リンク追加●
4/11 「もうひとつのParaiso(鈴木霞丸さま)」を追加しました。
アクセスは右手にあるリンクよりどうぞ。

2006年12月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2006/12/31 新しい年へ続く僕らのクロニクル。
  3. 2006/12/30 君の哀しみを因数分解(ばら)してみようか。
  4. 2006/12/29 後腐れの無いように後始末。
  5. 2006/12/28 繰り返す『歴史』は 『死』と『喪失』。
  6. 2006/12/27 ちょっと奔走してみようか。
  7. 2006/12/27 長宗我部氏な感じでその8。
  8. 2006/12/25 祈る者が居る事を忘れろ。
  9. 2006/12/24 その日の空の色 哀しい程に朱く
  10. 2006/12/24 長宗我部氏な感じでその7。
  11. 2006/12/21 残念だったねぇ…
  12. 2006/12/14 道を踏み外すな 目を覚ますのだ
  13. 2006/12/14 幾度も繰り返される過ち 歴史に何を学ぶ
  14. 2006/12/12 老若男女で構成された骨粗鬆症の白装束集団が逆さまの笹かまを持って貨客船万景峰号に乗ってミャンマーから東京特許許可局にやってくる(長)
  15. 2006/12/11 修学旅行レポ其の伍~夢の都TOKYO LIFE~
  16. 2006/12/10 修学旅行レポ其の肆~中華人民共和国、今天、成立了!~
  17. 2006/12/08 修学旅行レポ其の参~万里の超特急~
  18. 2006/12/06 多くを悩み 多くを為した。
  19. 2006/12/05 弱い者ほど徒党を組み 身代わりの羊を捜す
  20. 2006/12/05 修学旅行レポ其の貮~理想と現実~
  21. 2006/12/04 修学旅行レポ其の壱~知彼知己、百戦不殆~
  22. 2006/12/04 とりあえず報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい年へ続く僕らのクロニクル。

今年最後の更新になります( ゚∀゚)ノ

去年も確かやった気がするんで今年も1年間を振り返ってみます(`・ω・´)

<睦月・如月>

予餞会スライド作ってたり、宿研ビデオ配ってたり……
あ、あと片想いの人に告って玉砕したのもこの時期。
大人しくこの時に身を引いてりゃ後々に後悔する事は無かったろうに……

<弥生・卯月>

新学期。新クラスになった初日である程度見限っちゃったのはバレバレな秘密。
部活の新入生に男子が1人も入らなかった(汗)
綾繁教頭・始動

<皐月・水無月>

副会長続投。
Nコンと心中寸前……っていうか発狂寸前にまで追い込まれた時期。
後にも先にも空き容量0%のパソコンなんてみるのはこの時だろう、きっと(爆)

<文月・葉月>

Nコン準決勝進出(゚∀゚)
別館をとりあえず設置。
んでもって、
しぇいむ☆おんがこれ以上なくクリーンヒットww
コレのお陰で私はVIPのスピードにも追いつけるようになりましたww

はい、廃人決定orz

<長月・神無月>

2学期。怒涛の行事月間。
体育祭・文化祭、んでもってその合間から始まったアトラクビデオ。
文化祭は…大変だったなぁ(遠い目)

クラスから離れた場所でひたすら動いてた時期。
三大祭最後の一つ、総文祭の番組制作開始。担当はAP。
とうとう生徒会長に就任。

<霜月・師走>

戦場ヶ原蕩れ(爆)
総文祭とアトラクビデオ、ついでに修学旅行な感じの時期。

合間に過去最大級で鬱になった時期を挟んでみたり。
まだ完全にその呪縛からは解き放たれてはいなかったり(´・ω・`)

<総括>
何かいろいろあったなぁ…正直1月とかの事覚えてねぇww
来年はいよいよ受験生……ちゃんと勉強しなくちゃなぁ…orz
最後のNコンもいい結果出したいし(`・ω・´)

それでは。
皆さんも良いお年を(゚∀゚)
新しい年が皆さんにとって良き1年であらん事を。
スポンサーサイト

君の哀しみを因数分解(ばら)してみようか。

お爺ちゃんちょっと賢者になってきたよ(挨拶)


かなり難易度タカスwwwwww
黄昏の賢者と朝と夜の物語を今日は昼間にカラオケで歌って来ました(`・ω・´)

歌う人に注意。
黄昏の賢者は賢者の台詞(歩数とか時間とかその辺)が表示されなかったです(´・ω・`)
朝と夜の物語も台詞(ラスト)がことごとくカットされてました(´・ω・`)
っていうか何か音ちゃっちいぞww


今日は部活の忘年会(゚∀゚)
お好み焼き食ってゲーセン行ってきましたw

後腐れの無いように後始末。

ようやく部屋の大掃除をした悠悠蒼天ですこんばんわ(挨拶)

正味2時間くらいで終わりましたww
でもかなり掃除前は酷かったです(´・ω・`)
何て言うか……一言で言うとカオス
様々な勢力が入り乱れて飽和しちゃった感じですねww


世間では今日から31日まで冬コミですか……
個人的に2日目のとあるサークルと3日目には興味あったんですけどねぇ…(遠い目)

あ、行く人はノロに気をつけてください(`・ω・´)
人ごみはヤバいですから。

繰り返す『歴史』は 『死』と『喪失』。

もうさり気なくRomanがDAMで配信されてるらしいですね(挨拶)

よーし、ちょっとお爺ちゃん賢者になって来るぞー(え)


さっきまで年賀状作ってました……終わりましたけど。
今年は30弱www

明日は髪斬って(違)来ます(`・ω・´)

ちょっと奔走してみようか。

あ、久しぶりに至極真っ当なタイトルだ(挨拶)

予め謝っておきます。この記事、投稿時間を詐称してます(え)

という訳で。
今日は久々にのんびりとした一日。
夏目漱石の「こころ」を買いに近くの本屋に行くと売り切れてて、仕方なくチャリンコ飛ばして一番近い大きな本屋まで出張っても何故か「こころ」だけ在庫が無く、げんなりしながら新都心の本屋まで行ってげt。

何故かレジに持っていった私の手に「動揺」があったのはスルーしてください。

CD屋にも寄ってみたらサンホラのCDとDVDが売ってた……
……めがっさ欲しいけど金無い(´・ω・`)
「楽園パレードへようこそ」なんて高い方(6900円)が売ってたんです。
…こうなったらお年玉で買うか(爆)

話は変わりますが。
この間、久々に中学時代の友達とメールしたんです。
まあ近況報告ってヤツなんですけど。
その友達とは中学時代から一番仲が良いんです。だけどまあ東京の私立に通ってるんで直接は長い事会ってないんですけど。

ちなみにその友達を簡単に紹介すると、
「私に漢文と世界史の何たるかを叩き込んだ張本人」
っていうと多分ここにしょっちゅう来るオフで私を知る人はその友達がどんな人なのか想像できるんじゃないんでしょうかw
まあ当時中学1年生だった私に漢文の基礎と三国時代以外の世界史の面白さを見せ付けたかのお方は私のその後を大きく変えたと言っても過言では無いと思います(`・ω・´)
ありがとう、総統閣下(あだ名)。

……そ、総統閣下だからってどっかのチョビ髭なんか想像しないでよねっ!wあくまでも台湾のほうなんだからねっ!ww

と、最後の最後でツンデレ風味に終わらせる私は終わってるんじゃなかろうか(遠い目)


○コメントレス○

>>まちゃさま
お久しゅうノシ
そう言ってくれると有難いねぇw
多分ちょっと来学期は予餞会関連で相談する事もあるかもしれないんで、その時はよろしく(`・ω・´)

んで、今年のお宅訪問は1年の国語の先生。テニス部の顧問だったかな?

>>わかなさま
考えてみるとココに書き込むの初じゃない?w

とりあえず行って来た(`・ω・´)
まあ何とか文章に起こせるよう頑張ってみる。

長宗我部氏な感じでその8。

ついに最終回。当初の予告と内容を変更してお送りします(`・ω・´)
……いやだって細かく分解しすぎたんだもん。

○死に逝く者の物語(Roman)○

1585年の時点で群雄としての長宗我部氏は滅亡してしまったも同然ですが、ここで一旦九州に目を向けてみます。

九州ではこの頃、薩摩の島津義久が九州統一の為に北伐を続けてました。アクアクの力でしょうか、エビス丸の力でしょうか(違います)

1586年になると、筑後の大友宗麟は秀吉に救援を依頼。これを受け、秀吉は中国・四国勢を九州の救援に向かわせることとなり、
元親・信親が3000の兵を率いて九州の地へ。

1586年秋、到着した四国のご一行様は大友宗麟と色々と今後について話し合った後、攻撃を受けていた鶴ヶ城の救援の為に戸次川に布陣し、軍議。

仙石秀久(主将)「敵は恐るるに足らず。一息に蹴散らそう(`・ω・´) 」
元親&十河存保(讃岐の大名)「待てやコラ」
仙石「何で?(#`・ω・) 」
十河「罠があるはずだ。少し落ち着け」
元親「絶対伏兵を潜ませている。敵の出方を見てから動いても遅くないだろう(#゚Д゚)」
仙石「意見を言わなかった多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます。  一息に敵を蹴散らしますm9(`・ω・´)」
元親&十河「( ゚Д゚)ポカーン」


と言うやり取りがあったかは兎も角、四国勢は元親らの反対も空しく、川を渡って戦う事に決定。

12月、川を渡った四国の連合軍は島津軍を相手に戦い、勝っていましたが、実はこれが罠。

ジャーン
   ジャーン
      ジャーン

「「「げえっ、伏兵」」」

伏兵と大軍が一挙に四国連合軍を襲います。

仙石「後は任せたよ( `・ω・)ノ (退却)」
元親&十河「ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!」

仙石軍は真っ先に退却、長宗我部軍と十河軍は分断されました。
十河軍は全滅し、十河存保は戦死。
長宗我部軍も奮戦しましたが多勢に無勢、事実上全滅。
嫡子長宗我部信親は信長から貰った二尺七寸左文字の太刀を振るい力闘するも戦死。
元親のみが辛うじて退却する事が出来ました。


翌年3月、今度は大軍を秀吉が率いて九州に出陣。今度ばかりはたまらず、島津は降伏。
秀吉は元親を慰める為に大隈を与えようとしましたがとてもじゃないがそんな精神状態じゃない元親はこれを断ります。

元親「(-_-)ウツダシノウ」

っていう状態だったらしいです。
信親は文武両道で周りからも将来を嘱望されていただけに、元親の落ち込み具合はハンパなかったわけです。


九州の話はこれにておしまい。
また土佐のお話へ。

1588年に元親は本拠を岡豊城から大高坂城へ移転します。まあ手狭だったりしたみただいですが。

さて、嫡男の信親亡き後、空いた嫡男の席をどうするかという問題がここで長宗我部家に降りかかりました。

この時健在だったのは次男の親和、三男の親忠、四男の盛親です。
元親は盛親を一番可愛がっていたので盛親に継がせようとしますが、まあお決まりの文句ってヤツで「長幼の序が~~」という反対論が噴出。
当然っちゃ当然です。
でも元親は継がせたくて仕方が無い。とうとう親和はそれを気に病み病死してしまいました。

この頃から元親の暴走スイッチが作動したみたいです。
元親は反対派を次々と粛清。1588年10月に三男の親忠は津野家を継いでいるから、と言う理由で盛親に跡を継がす事を正式に表明しました。


1590年の小田原征伐にも元親・盛親は水軍を率い参陣。
その後東北も秀吉になびき、天下は秀吉の下に統一し、元親たちは土佐へ戻っていきました。

翌年に元親は再び居城を浦戸城へ移転。

1592年。秀吉はついに海外へ目を向けます。
つまりは朝鮮出兵ですね。

長宗我部家からも3000の兵を率いて出陣。ですが、当初は楽でも次第に苦戦し、1593年6月に結局退却。


ちょっとの間に次々と面倒事が降り注ぐ長宗我部氏。
まだ降り注ぎます。

1596年。イスパニア船サン=フェリペ号が寄港。元親は秀吉の命により船を検査します。
すると船内にあった海図について、乗組員が酷い扱いをした国を奪うためだと説明した為、
荷物を抑えて乗組員の所持金を全額没収すると言うサン=フェリペ号事件が起きました。
これが秀吉のキリスト教弾圧の引き金になったとか。

1597年3月に、元親はかの有名な「長宗我部元親百箇条」を発布。
侍の心得やら産業やら交通・宗教・文化に至るまで色んな事を定めたとても有名な分国法です。

……というか、これしか教科書に載らない罠。

6月、再び朝鮮へ出征。ですが得る所無く翌年3月に帰国します。

1598年、豊臣秀吉が病死。天下は一時混乱します。そんな最中に……

1599年4月。
体調の思わしくない元親は京都・伏見で療養します。
ですが体調は一向に好転せず、5月19日にとうとう元親は61歳でこの世を去ります。
遺体は土佐の天甫寺山に葬られました。

激動の元親の生涯は、こうして幕を閉じたのです。


○地平線に沈む年代記○

後を継いだ盛親はこの時25歳。天下は混乱中。ここで動けば良かったんですが色々と引き継ぎ事務に追われて身動きが取れませんでした。

1600年。天下の混乱はついに天下分け目の戦へ発展しました。

世に言う関ヶ原の戦いです。

盛親は東西双方から協力を依頼され、中立になりたかったらしいですが、結局西軍に。
まああんま乗り気じゃない長宗我部軍は傍観するだけで戻っていきました。

土佐へ帰還した盛親は西軍についた事を家康に謝りますが、
謝る前に元親の後継者問題で仲がこじれていた兄の親忠を自殺させてしまいました。
これが家康の耳に入り、怒った家康によりとうとう土佐の地をを取り上げられました。

とうとう領地を失い、長宗我部家の勢力はこれにて滅亡してしまいました。

当主の盛親は京都へ行き、寺子屋の師匠として生計を立てることに。
ですが、まだこのままでは引き下がれなかったのです。

1614年から始まった最後の大戦・大坂の陣。
盛親は旧臣らと共に大坂城へ入城します。
冬の陣はともかく、夏の陣で盛親は藤堂高虎の軍勢を撃破するなど奮戦しましたが側面を井伊軍に突かれ敗走。

大坂城が陥落すると京都方面に落ち延びようとした盛親ですが、武運なく捕らえられてしまいました。

捕らえられた盛親は京都引き回しの末、1615年5月15日に六条河原で斬首されました。時に盛親は41歳。
盛親の息子達も斬首され、ついに長宗我部氏は滅亡してしまいました。南無三。



力量は確かに備えていたが、天運に見放されてしまった長宗我部氏。
何というか……惜しいです(´・ω・`)

さて、とうとうこの長宗我部氏シリーズもこれにて最終回。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

おあとが宜しい様でこれにて。

祈る者が居る事を忘れろ。

邪教の使徒は♪根絶やしにしろ♪目を背けるなこれが<聖戦>(クリスマス)だ♪(挨拶)

冬休みに突入してるわけですが。

昨日は演劇部の公演に行ってきました。
これでも結構演劇部には繋がりがあるんですよ?w
内容のほうもこれはこれでなかなか面白かったですしw

んでもって今日は生徒会誌の取材でとある先生のお宅訪問。
率直な感想は、「家でかい」って事で。



色々と方針を変えようかねぇ……

その日の空の色 哀しい程に朱く

とりあえず眠いんでコメントレスオンリーで。

>>ポンデさま
いらっしゃい`・ω・)ノ

嫌がらせ云々…ってのは関係ないから安心してもおk(`・ω・´)
冬の聖戦(爆)は行きたかったけどねぇ…私も金無いしつーか家出る口実が(ry

>>のあらん先輩
更に付け加えて言っておくと、関東にも朗読で1人行きますw
つーか大宮に冥土…もといメイド喫茶出来たんですかwwwww

べ、別に行きたいわけないんだからねっ!でもSOS団第2回会合(え)の場所としてはうってつけかもねっ!www

>>中の人しか見れないコメの人

大丈夫、あなたも嫌がらせには関与してない。


という訳で私は――寝ます(`・ω・´)

長宗我部氏な感じでその7。

皆さん、覚えてる人はいるのでしょうか(汗)
3ヶ月以上止まってたんで、ようやく再開。

○猿と蝙蝠○

1585年。魔王・織田信長の実質的な後継者として天下にブイブイ言わせてた羽柴秀吉が3月に紀伊の雑賀衆を滅ぼします。

元親と秀吉は対立関係。
雑賀衆が滅びると確実に次の標的は元親になります。

ここで下手に抗う事は出来ないと、元親は秀吉に和睦を申し入れます。

元親の使者「和睦しましょ」
秀吉「和睦したけりゃ伊予と讃岐よこせ」
使者「(´・ω・`) 伊予ダケジャダメ?」
秀吉「(・∀・)カエレ!!」

残念ながら和睦交渉は決裂してしまいましたとさ。

1585年6月。

羽柴秀長(秀吉の実弟)を筆頭に、総勢11万の軍勢が四国に殺到。これに対し長宗我部元親は4万の軍勢でこれを迎撃します。

……圧倒的な国力差。元親は果たして跳ね返せるのか……?


○長宗我部元親の降伏○

殺到する羽柴軍。迎え撃つ長宗我部軍。

元親は熾烈な三方面作戦を強いられる事となります。
阿波に主力を、伊予・讃岐に防戦準備を、本陣を白地城に構え、出来る限りの抵抗をする布陣で臨みました。
兵装は圧倒的に長宗我部軍が不利ですが。

<伊予>
長宗我部軍VS毛利軍

長宗我部軍大将・金子元宅、高尾城で玉砕。
7月上旬までに伊予北部が陥落。

<讃岐>
長宗我部軍VS宇喜多軍

牟礼・高松を始めとした城が次々と陥落。
植田城に宇喜多軍が迫る。

元親は植田城を使った強襲作戦(植田城に宇喜多軍を当たらせ、その間に白地から本軍を出撃させて宇喜多軍を撃破)を立案しますが黒田孝高に看破されます。
黒田は、主力の居る阿波を先に落とす事で讃岐が自然と降伏するだろうと主張し、宇喜多軍は讃岐を無視して阿波へ。

<阿波>
長宗我部軍VS羽柴軍

羽柴秀長自ら率いる軍により木津城陥落。
長宗我部軍は主力をもって徹底抗戦。秀吉が出てこようとするが押しとどめられる。

阿波の防衛線・一宮城と岩倉城が包囲される。
一宮城は羽柴軍5万に対し、長宗我部軍は5000の兵で防戦。
地の利と士気の高さで長宗我部軍は粘ったものの、水を断たれて陥落。
一方の岩倉城も、黒田孝高の策略により陥落。

ついに本陣・白地城が攻撃されかねない状況になりました。

万事休して元親は家臣団の意見を容れ、8月、羽柴軍に降伏してしまいましたとさ。

降伏した元親は三男の津野親忠を人質にして秀吉に謁見し、土佐一国の領有を許されました。
ですが、長宗我部家の不幸はまだまだ続く……


今回はここまで。
次回は「長宗我部信親の最期」「長宗我部元親の豹変」「死に逝く者の物語(Roman)」「地平線に沈む年代記」
最終回だから拡大版。

残念だったねぇ…

くろのふぃーでっさっ、くろのふぃーでっさっ、くろのふぃーです、ふぃーれす、ふぇーれっさっ(挨拶)

こびり付いてエンドレスにループして離れません、聖戦と死神第二部と書の魔獣が。

書の魔獣はさいしょのじまんぐの高笑いと最後のセリフとか。




閑話休題。
明日でついに2学期も終了。
色々あったなぁ…体育祭が遥か昔の出来事のようだ(´ー`)

でもこの2学期が終わったということは高校生活も折り返しを過ぎたというわけで。

時が過ぎるのは早いもんだ……



話は変わります。
愚痴入ってるんで読みたくない方は読みとばすなりして下さいな。

道を踏み外すな 目を覚ますのだ

((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

かつて無い戦々恐々っぷりでつ。私は925じゃねぇ。
自分で自爆してどーするんだ(汗)

とりあえず、頼むからスルーしてくれ

幾度も繰り返される過ち 歴史に何を学ぶ

忌々しき期末が終わってちょっとほっとした悠悠蒼天です、どうもこんばんわ。

これで残すところ今学期の仕事は……あれ?いっぱい残ってるorz

密かに完成したアトラクビデオを材料に「試験的運用」をしたかったんだけどなぁ……(´・ω・`)冬休み?


何かひやひや。火消しをしたくても出来ない、そんな状況だった(汗)

老若男女で構成された骨粗鬆症の白装束集団が逆さまの笹かまを持って貨客船万景峰号に乗ってミャンマーから東京特許許可局にやってくる(長)

タイトルをノーミスで早口で三回言える方、いらっしゃいましたら是非滑舌の何たるかをご教授下さい(挨拶)

絶賛期末試験中な悠悠蒼天です。

今日までに、英語Ⅱ・家庭科・世界史・日本史・古典・現代文が終わりました(`・ω・´)

明日はライティング・数学B・化学。

……我に余剰戦力無し。戦って死ねと?(爆)

つーわけでSound Horizon聞きながらライティングやってます(`・ω・´)


あ…正式に明日とか明後日とかに確認は取るかもですが。


総文祭全国大会@島根、出場するみたいです。県代表のうちの一校として。
大会自体は来年の夏ですけどねw
…のあらん先輩、連絡いってますかー?(めっさ私信)

修学旅行レポ其の伍~夢の都TOKYO LIFE~

ようやく最終回。ラスト一日のレポいってみます(`・ω・´)

修学旅行レポ其の肆~中華人民共和国、今天、成立了!~

修学旅行からもう1週間。早いもんです。
という訳でレポ。

修学旅行レポ其の参~万里の超特急~

ごめんなさい(´・ω・`) 遅れに遅れました。
という訳でレポ再開。

多くを悩み 多くを為した。

ちょっと色々あったんで修学旅行レポは明日に延期します(´・ω・`)


弱い者ほど徒党を組み 身代わりの羊を捜す


自戒も込めて。

一所に自分の場所を定めずとも、別に良いのだろうと思う。
自分の居所なんて簡単に流転してしまう代物。
さながら、大海に漂う小舟の様に。

それにもしかしたら自分が気付かない何気ない場所こそが自分の居所かも知れない。

智に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
兎角に人の世は住みにくい。


陰謀家でも、お人よしの甘ちゃんでも、意地っ張りの頑固者でも、この世の中は住みにくいモノ。
考えてみると私は全てに当てはまりそうな気がするがそれに気付くと本気で鬱々と過ごさにゃならんのでスルー。

自分自身に嘘をつく事がどれだけ困難か。
いずれはボロが出る。完璧にやり過ごすなんてまず不可能。

自身に嘘をつく自分に嘘をつき、発足かまして騙くらかして、
不安定な立ち位置でしか動けない。

もし残った時を騙し通す自信と力量、精神力があれば迎合するもまた良し。その道は広く安全な道だ。だが伏兵が居るかもしれない。
それが無いなら自我を貫き通すのみ。その道は荊の道。抜けた後に得られるモノも、失うモノも数知れず。

私はただの虚言使い。他人の意志の決定権などありはせぬ。ただこの舌先三寸から出る言葉を伝えるのみ。

違う事を憂うなら、逆に考えれば良い。
急場を凌ぐ位は出来る。

だがそれでも憂いが満ち溢れるなら、立ち位置を決めなければ良い。定めなければ良い。八方美人など上等だ。

日和見と言われようと、風見鶏と言われようと、蝙蝠と言われようと、それが保身術の一つ。

付和雷同の、何と空しい事よ。


……と、誰でもない誰かに返してみる。
戯言だけど。

修学旅行レポ其の貮~理想と現実~

今日も今日とて修学旅行レポ、いってみます(`・ω・´)

修学旅行レポ其の壱~知彼知己、百戦不殆~

そんなこんなで修学旅行レポ。以下はネタ風味にレポしていきます(`・ω・´)

とりあえず報告。

あ、はい。戻ってきました ノシ
修学旅行レポは書きますが、現在ゴタゴタしてるので写真のうpは後日って事で。

ポンデライオンさんからバトンを貰ったんで返答。

《あの子のことをもっと知りたい!!》バトン

1、そんな6人にバトンを回す(回す人を最初に書いておく)
稲城中原先輩(けろ先輩)
六寺のあら先輩
土筆さん
瀬蓮さん
ふじさん
美奈さん

内輪が多いってツッコミは無しの方向で。
あ、返答手段のない方はいつも通りコメ欄で。

2、お名前は?

メインで名乗っているのは悠悠蒼天です。
場所によってはチムとか綾繁とか名乗ってますが。

3、おいくつですか?

戸籍上17歳、精神年齢は40歳以上、雰囲気は年齢不詳。

4、ご職業は?

高校2年生。放送部で黒幕やってます。あと一応生徒会長。

5、ご趣味は?

読書・ネット巡回・キーボード

……どうせ私はインドア人間。

6、好きな異性のタイプは?

一緒にいて楽しい人。あと、笑顔(照れ笑いとか)が可愛い人?
多少変人なくらいがとっても話しやすかったり。

7、特技は?

色んな方向から文字が書けたり。

オフの人の間では有名ですかそうですか。
あ、こっそり相対音感持ってます、多分。

8、資格、何か持ってますか?

漢検2級・英検3級・数検3級

純粋文系にとって宝の持ち腐れともいえる数検(え)

9、悩みが何かありますか?

周りの同年代と話が合わないんですが。
何かやたらと気苦労を抱え込むハメになる事が多いんですが。
あとは(ry

10、お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?

うどんが好きです。でも蕎麦はアレルギー。
蜜柑とか梨が好きです。でもキウイはアレルギー。
麦茶やアイスコーヒーが好きです。でも牛乳は自称アレルギー。

11、好きな人はいますか?

二次元に傾倒しないように踏みとどまってます。必死で。
三次元ではつい最近まで。

12、あなたが愛する人へ。
過去記事参照。

13、回す6人を指名すると同時にその人の他己紹介をかんたんにお願いします。

稲城中原先輩(けろ先輩):放送部の1つ上の<男子の>先輩。鉄道関連に並々ならない知識を持っています(婉曲表現)。葉鍵っ子で結構甘党。SOS団((´・ω・`) ションボリした人を大いに盛り上げるシュールな団)の中の人の一人。

六寺さん家のあらん先輩:放送部の2つ上の<男子の>先輩。シスプリをはじめとした色んなものに造詣が深い方。かなりの甘党。同じくSOS団の中の人の一人。

土筆さん:オフ友の1人で放送部の同期。数々の迷言を放送部に残す。狸疑惑は去年から浮上中。

瀬蓮さん:同じくオフ友の1人で放送部の同期。かなりの手練。もちろん色んな意味を含ませて。

ふじさん:同じくオフ友で現在同クラス。音楽部所属でベーシスト。

美奈さん:同じくオフ友で前期生徒会で一緒に仕事してました。音楽部所属のベーシスト。


  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。